ホーム >> 育成者権保護に関する情報
−よくつかう項目−
植物品種の保護に係る審査協力に関する協力覚書への署名について

  1. 概要
    日本の種苗や農産物の輸出拡大には、我が国で開発された植物品種の知的財産が海外において 保護されることが不可欠です。植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV(注)条約)に基 づき、UPOV 加盟国が審査を行う際には、他国での審査結果を活用できることとなっています。 農林水産省は、日本の植物品種の海外における品種登録を促進するため、平成28年3月からこ れまでの間に、日本からの品種登録出願件数の多いオーストラリア、ブラジル、ニュージーラ ンド、スイス、ベトナム、EU、ロシア、ケニア、メキシコ、イスラエル、オランダとの間で、日本における品種登録審 査結果を当該国の審査当局に出願されている当該品種の審査のために無償で提供することに合 意し、植物品種の保護に係る審査協力に関する協力覚書への署名を行いました。今後、当該国 における審査期間の短縮による知的財産権保護の早期化、審査料の低減により、早期の海外展 開が実現し、日本の種苗や農産物の輸出増加につながることが期待されます。
    注 UPOV(ユポフ): INTERNATIONAL UNION FOR THE PROTECTION OF NEW VARIETIES OF PLANTS

  2. 植物品種に係る審査に関する協力覚書(仮訳)
このページの先頭へ戻る
ホーム >> 育成者権保護に関する情報

Copyright:2011 Intellectual Property Division,
Food Industry Affairs Bureau, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
〒100−8950 東京都千代田区霞が関1-2-1 電話:03-3502-8111(代表)
農林水産省 食料産業局 知的財産課